FX初心者でもできるテクニカル分析

FXでは外貨為替の売買をおこない、その差額を利益にする方法があります。それ以外にも、通貨をペアで購入して、金利の差で儲けを出すスワップ金利などもあるのですが、為替の値動きが利益や損失に大きく関わる投資であることは間違いないといえるでしょう。初心者は為替を読むときに利用したいのが、テクニカル分析と呼ばれているものです。


FXの値動きにはパターンがある

FXの値動きにはパターンがあり、価格の細かい上下を少しずつ繰り返しながら値上り、その後すとんと下がるというようなものだそうです。そのため、FXではこの動きのクセを利用して予測して為替を読む方法をテクニカル分析と名付け、まだ慣れていない人でも気軽に始められる利益の出し方だと考えられているそうです。シストレなどと呼ばれるシステムを利用した売買でも、このような過去の動きを参考にしているものもあると言われています。


情勢など国の状態で考えるのがファンダメンタル分析

同時にテクニカル分析では過去の動きにない為替の動きに対応できないというデメリットを抱えてしまいます。そこで国の状態などを参考に、国際的に為替の価値がどうなるかという判断で予測をすることを、ファンダメンタル分析といいます。2つの分析を並行して行うことで、予測しにくい値上がりや値下がりなどを見極めるのだそうです。

No comments allowed